テキストカードの追加方法解説 -Ver.1.48.01以降-

お願い
この記事はどどんとふ非公式記事です。わからないことがあったらまず筆者に質問してください。このサイトの掲示板,Twitter,Mail,記事のコメント欄などで解答しますので公式のフォーラムに書く前にご一報ください。

バージョンが”1.48.01”未満の方はインセインカードの追加方法解説【どどんとふ】の記事を参照してください。

カードを使用するTRPGですと、オリジナルカードなどを追加したい場合があると思います。そんな時、自鯖を持っている人ならすぐに追加できるのが便利な所。今回はインセインを例として、テキストカードの追加方法を解説していきます。

準備

内容の説明をはいいから追加だけという人は”作成編“までスキップしてください。

insane.txtを見てみる

※DodontoF_Ver.1.48.03
どどんとふに入っている“insane.txt”は、画像のようになっています(画像クリックで拡大)。少し見ただけではたじろいでしまうかもしれませんが、少しずつ見て、編集していくとそれほど難しくはないです。カード追加は「コピー&ペーストで出来ます!

テキストエディタのダウンロード

テキストエディタ持っていない方は、DLすることをおすすめします。デフォルトのメモ帳でもできなくは無いですが、大変だと思います。筆者のオススメはTeraPadか、サクラエディタです。この記事ではサクラエディタを使っていきます。少し見た目が違うだけですので好みで大丈夫です。

  • Terapad
    とてもシンプルなエディタ。軽快に作業が出来るのが特徴。
  • サクラエディタ
    プログラムのソース編集などに向いているエディタ。マクロなどにも対応している。

insane.txtの解説

まずはどういった内容になっているかを説明したいと思います。

HTMLタグの確認

insane.txtの1~3行目までをコピーしてみました。
1行目から順番に説明していきます。

1行目はおまじない

insane.txtの1~3行目までをコピーしてみました。1行目のtextは、”HTML文字列でカードを作りますよ”というおまじないです。画像データを使用する場合はimageを使用します。今回のinsane.txtはtextで作るので、変更する必要はありません。
※画像カードの作り方は→画像カードを入れる方法・解説【どどんとふ】を参考にしてください。

2行目はカードの裏面

2行目も変更する必要はありません。カードをめくる前の裏面の設定です。裏面の設定はこの1行だけで大丈夫です。
裏面カード

3行目~最後の行まで表のカード

3行目からが狂気カードの内容になります。この1行すべてが疑心暗鬼の狂気カードの内容になります。

作成編

編集する部分の確認

3行目を元にして、新しいカードを追加する際に変更する部分を色分けしてみます
insane.txt-3行目
画像の青、黄色、赤で囲まれた部分だけです。他は変更しないでください。

赤:狂気(カード)の名称 ※2箇所
黄:トリガー内容
青:効果詳細

テキストの編集

追加する狂気カードの例

狂気名:みんな死ぬしかないじゃない!
トリガー:自分が恐怖判定に失敗する
効果詳細:あなたは行き場のない未来に絶望してしまった。この【狂気】が顕在化したシーンに登場している自分を含めた全キャラクターに2点のダメージを与える。

※このような狂気はありませんし、適当に考えた&使う予定皆無なのでツッコミは無しでお願いします。

3行目をコピーして、新規テキストに貼り付けます。そして、赤・黄・青の部分を上記の追加狂気カード用に直していきます。

※サクラエディタの人は[設定]→[折り返し方法]→[右端で折り返す]をクリックすると見やすくなります

insane.txtに貼り付け

編集したものをinsane.txtの一番下の行に貼り付けます。この時、左にある数字(今回は49)が途中で改行されて次の数字が表示されていないかを確認してください。
一番下に貼り付け

insane.txtのアップロード

追加・保存したinsane.txtをFTPなどでアップロードします
アップロード場所は“/DodontoF/cards”です
上書きしますか?と聞かれたら”はい”を押してください。これで狂気カードを増やすことができました。

どどんとふで確認

正しく追加できたか、ブラウザで自分のどどんとふに移動して確認します。すでにどどんとふを開いていた場合は更新してから部屋に入り直してください。
[カード]→[カード配置の初期化]→[インセイン狂気カード]をチェック→[シャッフルして初期配置へ]→山札を右クリック→[山からカードを選び出す] どどんとふで確認
正しく追加できれいれば、図のようにカードの一番最後に表示されます。

間違えしまった場合

”間違えてしまった”、”うまくできない”、”どどんとふが動かなくなった”、といった時はinsane.txtのバックアップをアップロードし直してください。バックアップを取っていない場合はどどんとふ@えくすとり~むで新しくどどんとふををダウンロードして、insane.txtだけアップロードしてみてください。このように失敗しても取り返しがつかなくなることはないのでチャレンジしてみてください。

最後に

他のHTMLタグで作られているカードも、これを応用して作ることができます。
元々カードデータがあれば、そのtxtの3行目だけをコピーしてみて、どの部分を直せばいいか見るのをおすすめします。

新しいカードデッキを作りたい場合は、まずは一度”DodontoF/card”フォルダの中に入っている”_README.txt”を見ることをおすすめします。

以上でテキストカードの追加方法解説を終わります。
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください